【MEMO】国立科学博物館 南方熊楠展と古代アンデス文明展



国立科学博物館で開催されていた、南方熊楠生誕150年周年記念企画展「南方熊楠-100年早かった智の人-」へ行きました。
熊楠の活動のキーアイテムである日記・書簡・抜書(さまざまな文献からの筆写ノート)・菌類図譜を展示を通して、熊楠の人生と業績を振り返り、新しい視点で熊楠を考えるという趣旨の展示で、熊楠の爆発的なパワーを感じながら、熊楠の生涯の取り組みをわかりやすく知ることができ、すべて見終わるとそこはかとない感動に包まれました。

その後ふらりと気軽に立ち寄った「古代アンデス文明展」。
こちらは「南米大陸の太平洋岸に展開した時間的にも空間的にもあまりに巨大で複雑な文明の全体像」を約200点の貴重な資料によって明らかにしようとする試みで、「カラル文化→チャビン文化→ナスカ文化→モチェ文化→ティワナク文化→ワリ文化→シカン文化→チムー文化→インカ文明」を網羅した大迫力の大規模展でした。かわいいものから珍妙なものまで膨大な数の土器や黄金細工、織物、果てはミイラまでが一堂に会し、知識としてそして造形的にも大変勉強になりました。
チャピン文化の土偶の愛らしさにときめき、モチェ文化の土器の世界観(「死んだ男性と生きている女性の性行為を描写した鎧型注口土器」など)、そのインパクトとユニークさに夢中になりました。
写真はチャビン文化の注口土器3人組とモチェ文化の金属細工。(魚をくわえた直立動物の土器は何文化か失念。)今まで美術館ばかり足を運んでいたけれど博物館、なんておもしろいのでしょう!